本文へ
トピック

この度の熊本地震において被災された皆さまには心からお見舞い申し 上げます。
また、九州地区に於いて未曾有の震災となったこの地震で多くの尊い 命が失われたことは大変残念で、心からお悔やみ申し上げます。

熊本、大分での被災から一刻も早い復興をお祈りするとともに、被災 された皆さまのご心痛が少しでも早く回復されますことを心からお祈 り致します。


日本気球連盟


2016年佐賀世界選手権、エントリーはじまる


ことしの10月31日から佐賀市で1週間かけて開催される、「第22回FAI世界熱気球選手権大会」の出場選手エントリーがはじまりました。

今大会の最大参加総数は105機。そのうち、招待枠は2014年にブラジルで開催された世界選手権で優勝した藤田雄大選手を含む上位3名と、2014年女性世界選手権、および2014年ジュニア選手権の各優勝者の計5名で、のこりの100機の出場枠が国際航空連盟(FAI)に所属する国々に割り当てられます。

ちなみに各国の出場枠は各2機ですが、第1次募集の途中経過では、57名の選手が名乗りをあげています(4月18日現在)。

つづいて5月末以降より第2次募集が行われます。
こちらは前回のブラジルでの世界選手権の結果に応じて割り当てられます。
それにより、日本人選手は4名の追加エントリーが予想されるため、最終的にはすでに第1次募集で出場を表明している上田祥和、佐藤将文選手のほかに、水上孝雄、片平史郎、上田諭、赤間晋の4選手の出場が見込まれます(7月末には最終エントリー選手が出そろう予定)。

ぜひ、日本人選手の2年連続表彰台にむけて熱い応援をよろしくお願いいたします。

What's new!
フライトエリア
大会予定